リスクを理解してインプラント

インプラントは、歯がなくなってしまった部分にチタンを埋め込んで歯の代わりにするという治療法です。骨にチタンを直接埋め込んでいるので、入れ歯のように外れてしまうこともなく、噛み心地も自然です。しかし、高齢者の場合はリスクがあります。まず、インプラントに必要なチタンを埋め込む骨の量が足りないことがあるという面です。埋め込む際には手術が行われますが、服用している薬によっては手術自体が受けられなくなります。治療後には定期検診を受けることになりますが、足が悪い等で来院が難しいと適切なケアをすることができません。

高齢者にはリスクの多い治療に

歯を失った部分の顎の骨にチタンを埋め込み、その上にセラミックで作られた歯を装着するのがインプラント治療です。歯を失う可能性の高いのは若い人よりも高齢者ですが、骨に埋め込むという手術があるためにリスクがともないます。まず、服用している薬によってはインプラント治療ができないこともあります。さらに、骨粗しょう症などで骨が足りない可能性もあります。最近は骨を増やす治療も開発されていますが、無理に手術をすると、せっかく治療をしても失敗してしまいます。高齢者の場合はリスクを考えた上で、状況を把握して治療を受けましょう。

↑PAGE TOP